Knowledge
知識編
How to choose
選び方編
Preparation
準備編
Welçome
お迎え編

新着記事

New Post

人気記事

Popular Posts

Menu

かーくんちゃんねる〜カメレオンのいる生活〜
かーくんちゃんねる〜カメレオンのいる生活〜
カメレオン専門YouTuber
Profile
こんにちは!! かーくんちゃんねるです!
私たちは2018年1月に初めてのカメレオン「かーくん」と暮らし始めました。
今までにかーくんを含め、4頭のカメレオンを飼育し、繁殖の経験もあります。
現在は2頭のパンサーカメレオンと家族で楽しく暮らしていて、けーくんとめーちゃんの遺伝子を残すための累代飼育が目標。
本ブログでは、YouTubeのかーくんちゃんねるで発信している【カメレオンの飼い方】シリーズをより詳しく丁寧に解説します。
プロフィールを読む

紫外線灯 カメレオン紹介 活き餌 温度湿度の管理 温湿度計 動物病院 飼育用品 費用 ケージ ケージ台 止まり木 給水器 専門用語 健康状態 体型 お店選び 爬虫類イベント スマートホーム レビュー 地震対策 ハンドリング

コラム&体験談

Panasonic加湿機FE-KFS07の分解清掃がめんどくさい話【体験談】

かーくんちゃんねる 〜カメレオンのいる生活〜
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

家電製品の分解は取扱説明書で禁止されています。
実行される方は自己責任でお願いします。

今回は、わが家で1〜2年おきに実施している、Panasonic ヒーターレス気化式加湿機 FE-KFS07 の分解清掃についてのお話です

わが家はカメレオンと生活しているために、空調家電のヘビーユーザーです。
特に冬場の加湿機については、製品の性能限界付近の加湿量で長時間使用せざるを得ません。
取扱説明書にあるお手入れだけでは1〜2年でカビ臭さが取れなくなってきます
注)冬場には2週間に一度のこまめなお手入れしたうえでのお話です。

  • 普通のお手入れでは臭いが取れない
  • 分解せずにはほこりすら取れない
  • まだ使えるのに買い換えるのはもったいない

そこで取扱説明書に“分解や修理、改造をしない”とあるのを無視し、分解清掃を行なっています
きっと他の方も同じように困っていると思いますので、どのような作業なのか共有したいと思います。

分解清掃はとても効果的で、水洗いだけでも臭いはほとんどなくなるほどです。
しかし、この製品の分解清掃は非常にめんどくさいので、もしやってみたい方は一度この記事を読んでから検討してみてください

わが家で使用中の FE-KFS07 の後継機種 型番以外に違いはありません
豆知識

わが家で使用している FE-KFS07 はすでに廃盤ですが、後継機種として FE-KFU07 / FE-KFW07 などが販売されています。
どうやら型番以外とくに変わっていないので、どれも同じように分解できそうです。
同シリーズの製品を使用している方には参考になると思いますので、ぜひご一読ください。

どこまで分解すれば清掃できるか?

はじめに、FE-KFS07 のどこに汚れがたまって、どこまで分解すればそれが取れるのか紹介します

FE-KFS07 の汚れがたまる部分は、湿った空気の流れ道です。
具体的には主に、

  • ファンの周辺
  • 吹き出し口

の2ヶ所です。

分解なしだと清掃不可

以前この2ヶ所を、分解せずに掃除機やエアーダスターや割り箸なんかを使って清掃を試みましたが無駄でした
ほこりが湿気を吸って固着し、さらにカビが生えて渾然一体となったミルフィーユのような状態なので、ほぼ効果がありません。

9割分解でファン付近が清掃可能

ファンの周辺は臭いの原因になるカビが多く付着しています
この部分は全体の9割くらいまで分解すればほぼ取り除けます。
というか9割分解しないと掃除できません

全バラで吹き出し口の清掃ができる

さらに、見た目にほこりの目立つ吹き出し口周辺は、全バラです
明らかにほこりがたまっていて小まめに清掃したい部分ですが、辿り着けるのは分解の最後の最後。
臭いが気にならないなら、ほこり除去のためだけに分解清掃するのはおすすめしづらいです

FE-KFS07 の分解に必要なもの

この加湿機の分解に必要な工具は、

  • 200mm以上の+2番のロングドライバー
  • 10mm のレンチ or 10mm のボックスレンチ

の2種類です。

一部、普通のプラスドライバーだと届かない奥まった位置にネジがあります
最低でも200mmくらいある2番ドライバーが必要です。
ロングドライバーだけでも作業できますが、取り回しが悪いので普通の2番ドライバーもあるほうが効率的だと思います。
また、ファンを留めている六角ナットがあるので、レンチかボックスレンチも必要です

ちなみに必須ではありませんが、全バラすると約30本のネジを外すことになるので、電動のドライバーがあると便利です。
電動でも途中でうんざりするので、あったほうがいいと思います。

小型の電動ドライバー 手動でも利用可能 もっと早く買えばよかった

分解のための準備

続いて、分解のための準備をしていきましょう。

いつものお手入れで外す部分は全て外してしまいます
具体的には、

  • 電源コード
  • タンク
  • プレフィルター
  • トレー

の4つです。

電源コードはコンセントから抜く

作業前に電源コードは必ず抜いておきましょう

100V を扱う家電ですので、感電の危険があります。
通常コンセントから直接感電しても命に別状はありませんが、安全のために徹底します。

【参考】Vol.568 コンセントでの感電事故に注意! | 消費者庁

タンクとプレフィルターとトレーを取り外す

給水タンクと、ほこりよけのプレフィルター、トレーを外します

普段のお手入れで外しているパーツたちは、分解清掃で邪魔になるので先に外しておきましょう。
わが家では、ここでフィルターのつけ置き洗いなどもやってしまいます。
分解には時間がかかるので、その間に浸かっておいてもらう感じです。

FE-KFS07 の分解

では、ここから FE-KFS07 の分解をはじめます。

説明をわかりやすくするため、加湿器のどこをどう呼ぶか決めておきます

  • 前面
    • 推移窓のある面
  • 背面
    • 前面の反対側の面
  • 右側面
    • 前面に向かって右の面
  • 左側面
    • 前面に向かって左の面
  • 天面
    • 操作パネルのある面
  • 底面
    • 床と接する面

あちこちにネジがあって本体をくるくる回すので、見失わないように上記の呼び方で統一して説明します。

天面のタンク蓋を取り外す

最初に天面についている給水タンクの蓋を取り外します
本体をくるくる回すので、邪魔になったり破損したりするのを防ぐためです。
ドライバー不要で外せます。

右側面パネルの取り外し

右側面の外装パネルを取り外します
ここからドライバーの活躍です。

注意

全工程で約30本のネジを外しますが、2種類のネジがあります。
長さも径も同じですが、塗装が違うようです。
組み立て時はどのネジを使っても支障ないとは思いますが、気になる方はどこでどのネジを使ったかわかるように外していきましょう。

右側面パネルの天面部にネジが2本あるので、外します。
パネル自体を天面部分から下向きに押すと爪が外れて取れます。

背面パネルの取り外し

背面が上を向くように寝かせ、背面にある2本のネジを外します。
底面2本のネジを外します
天面と左側面に接するあたりに爪があります。
向かって左下の角から捲るようにして外します。
重要

組み立ての際は、天面と左側面にかかる爪がしっかりはまっているか確認してからネジを締めてください。
爪がはまっていなくてもネジが締まってしまいます。

底面の取り外し

底面の3箇所のネジを取り外します。
底面にあるカバーを外して、電源コードを邪魔にならないようにどかします。
さらに背面側のカバーを外します。
底面と前面、水位センサーのカバーを3つをまとめて固定しているネジを外します。
水位センサーのカバーを外し、センサー本体を慎重に外して邪魔にならないようにどかします。
自由になった底面を外します。
注意

このあたりから段々と汚れのひどいパーツが出てくるので、都度掃除機などで取れる範囲のほこりは取っていったほうが良いと思います。

前面パネルの取り外し

前面のパネルを固定している3つのネジを取り外します。

黒い部品に囲まれたネジが今回の分解の鬼門です。
200mm以上のロングドライバーでないと外すことができません。

ネジが取れたら前面が上を向くようにひっくり返します。
前面パネルは背面と同じように爪ではまっているため、右下から捲るように外します。
重要

組み立ての際は、天面と左側面にかかる爪がしっかりはまっているか確認してからネジを締めてください。
爪がはまっていなくてもネジが締まってしまいます。

左側面パネルの取り外し

左側面が上を向くように回転させ、左側面パネルにあるネジを外したら簡単に取れます。

湿度センサーの取り外し

左側面パネルに隠れていた湿度センサーのネジを取ります。
フックにかかった湿度センサーのコードを外します。
コードを切らないよう慎重に邪魔にならない場所へ移動させます。

ファンガードの取り外し

網状のパーツを外します。ネジ1本で止まっているだけです。(汚れ注意)
2本のネジを外します。
本体からは固定が外れましたが、水位センサーと湿度センサーのコードが引っかかったままなので、慎重にコードを抜きつつ外します。

電源の取り外し

この部分は電源コードをコンセントから抜いた後でも感電の危険があります。
ゴム手袋をするなど、特に慎重に作業をしてください。

底面だった部分が上を向くように回転させます。
もともと給水タンクと接していた黒い内壁部分が、電源基盤の入った箱です。
ネジ1本で蓋が外れるので慎重に外します。
内部のコンデンサと言われる電子部品は電源を抜いていても電気が溜まったままになっています。
一番大きなコンデンサには200Vの電気が溜まっている可能性があるので、不用意にあちこち触らないように注意します。
注意

構造上基盤を取り外すと感電の可能性が高くなります。
電源基盤のネジは外さないことをおすすめします。

水位センサーと湿度センサーのコードをフックから外します。
水色と白の制御基盤へ続くケーブルのコネクタを外します。
水色と白のケーブルのコネクタは、爪を外すボタンのようなものがあるので、押しながら抜きます。
赤白黄黒のモーターへ続くケーブルのコネクタを外します。
こちらはコネクタを引っ張れば抜けます。
モーターのコードをフックから外します。
最後に電源の箱を固定するネジを2つ外すと自由になります。
水に触れない安定したところにそっと置いておきましょう。

ファンの取り外し

ここからが汚れの本丸です。
めちゃくちゃ汚いので、慎重に作業します。
手袋やマスクの着用推奨です。

先ほど電源ユニットを外した際に、必要なネジはすべて抜き取っているので、ドーム状のファンカバーをそっと外します。(すごく汚い)
次に、ファンを固定している六角ナットを外します。

奥まっているので、レンチを斜めに差し込むか、ボックスレンチを使うと良いと思います。

重要

金具類はなくすとファンが付かなくなるので、気をつけて回収します。

あとは上に引き抜くだけでファンの取り外し完了です。
臭いが気になるだけなら、ここまでの分解でカビの生えそうな部分はほぼすべて掃除できます。

天面の取り外し

天面とモーターユニットはネジ1本で留まっています。
ネジを取り、コード類を慎重に穴に潜らせながら外します。

制御基盤の取り外し

天面が外れると、基盤があります。
網目状の吹き出し口を水洗いするためには基盤を取り外したほうが安全です。

こちらは制御基盤なので、先ほどの電源基盤と異なり高圧の電気がたまっていたりはしません
安心して取り外せます。

吹き出し口と基盤を仕切る湾曲した板があります。
ただはまっているだけなので取り外します。
ネジを4つ外し、基盤を持ち上げます。

基盤の反対側はLEDやスイッチ類がついていますので慎重に。

天面にLEDライトのカバーが2つついているので、無くさないように注意。

モーターの取り外し

モーターのカバーを開けます。
ネジ1本で固定されています。
中は3本のネジでモーターが固定されています。
ネジを緩めてモーターを取り外します。

分解完了

やっと分解完了です!!
これでずっと取れないほこりが積もっていた吹き出し口や、カビのついたファンが掃除できます。

あとは好きなだけ掃除をして、逆順で組み立てるだけです。
もし分解清掃しても臭いが取れない場合は、フィルター類が臭っているかもしれません。

交換頻度10年に1度となっていますが、わが家は数年で交換しています
フィルター枠の底面にある黒い除菌剤にカビが生えることもあります
フィルター枠の底面にある防カビ剤です

FE-KFS07 の分解清掃は死ぬほどめんどくさい

実際に分解清掃された方、お疲れさまでした。
電源基盤の固定ネジ以外はすべて外して分解する、という途方もない作業です。

実はわが家にはこのシリーズの製品が3台あり、もう何度もこの製品の分解清掃を行なっています。
一番最初に買った個体はすでに3度分解しました。
しかし分解のたびに、あまりのめんどくささで嫌になります

カビの付着する本体が清掃できない仕様

そもそも、加湿機なんてカビの生えやすい製品の清掃が、なぜ仕様上できないようになっているのか理解できません

取説でやって良いとなっているのは、本体ではなくフィルターとタンクやトレーの清掃のみ。
製品には異常がないのに、必要な清掃ができないために数年で使用に耐えないほどの異臭を放つようになります

確かにわが家はヘビーユーザーなので、「そんなに高頻度の使用は想定していない」と言われるかもしれません。
しかし湿度にさらされる家電なのに清掃ができない仕様のせいで、製品の寿命より遥かに手前で、汚れや臭いが原因で使えなくなってしまうのは事実です

加湿器は Panasonic に限らずどのメーカーも本体内部は清掃できないようになっています。
もしユーザーでの分解清掃を禁止するなら、有償で構わないので公式が清掃のサービスを提供するべきではないでしょうか?

豆知識

わが家では室温に影響があるため避けましたが、競合製品であるダイニチの温風気化式加湿機は有償での清掃サービスが提供されています。
作業料金は記事作成時点で6,000円〜と安くはありませんが、ユーザーのことを考えれば非常に親切な対応です。
もし温風気化式でも良いという場合は、アフターサービスのあるダイニチの製品も検討の価値があります。

【参考】ニオイがする(焦げ臭い・カビ臭い) | 診断結果 | 加湿器 | ダイニチ工業株式会社 – Dainichi

メンテナンス性を無視した設計

さらに言うならば、製品設計の段階からメンテナンスを全く考慮されていないというのも理解に苦しみます

電源、制御基盤、モーター、ファンの全てが一体化されていて、必要な清掃をするためには全バラしないといけません。
せめて基盤関係とそれ以外は別ユニット化しておいて、コネクターは基盤の箱の外に設置すべきです。

この製品ではコネクターを外すには基盤に触れないといけないため、清掃したいだけなのに電源基盤や制御基盤まで取り外す必要があります
全バラまで必要なのは清掃というより、もはやオーバーホールです。
Panasonicという超大手の家電メーカーがなぜここまで、メンテナンスを全く考えない製品設計をしているのか…。

なんとかならなかったのでしょうか…?

気化式加湿機 FE-KFS07 の分解清掃がめんどくさい話 まとめ

今回は、Panasonic 気化式加湿機 FE-KFS07 の分解清掃が、いかにめんどくさいか見てきました。

前章でさんざん文句をつけたとおり、こちらの製品はメンテナンス性が劣悪だと思います。
しかしながら、すでに3台購入していることからもおわかりいただけるように、機能面では非常に満足しています

  • 熱を持たないので安全
  • 室温にほぼ影響しない
  • きちんと加湿できる

といった点がカメレオン飼育にとても相性がいいからです
カメレオンの温湿度管理はとても大変なので、 FE-KFS07 の機能と性能は重宝しています。

あわせて読みたい
【5Stepでわかる】カメレオンの温湿度管理の方法とコツ【解説】
【5Stepでわかる】カメレオンの温湿度管理の方法とコツ【解説】

それゆえにメンテナンス性を欠いていることが、なおさら大きな不満点となってしまいます。
今後、ファンなどのメンテナンスもできる気化式の加湿機を見つけるまでは、こちらのシリーズを分解清掃しながら使っていくしかないかなと思っています。

わが家で使用中の FE-KFS07 の後継機種 型番以外に違いはありません

この記事がカメレオン飼育者の方や、これから飼い始める方の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

もしこちらの記事で悩みが解決しない場合は、InstagramのDMやこの記事のコメント欄などでお気軽にご質問ください。
わが家でわかる範囲ではありますが、お答えしたいと思います。

Popular Posts

こちらもおすすめ!

Popular Posts

こちらもおすすめ!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

About us
かーくんちゃんねる〜カメレオンのいる生活〜
かーくんちゃんねる〜カメレオンのいる生活〜
カメレオン専門YouTuber
こんにちは!! かーくんちゃんねるです!
私たちは2018年1月に初めてのカメレオン「かーくん」と暮らし始めました。
今までにかーくんを含め、4頭のカメレオンを飼育し、繁殖の経験もあります。
現在は2頭のパンサーカメレオンと家族で楽しく暮らしていて、けーくんとめーちゃんの遺伝子を残すための累代飼育が目標。
本ブログでは、YouTubeのかーくんちゃんねるで発信している【カメレオンの飼い方】シリーズをより詳しく丁寧に解説します。
Same Category
同じカテゴリーの記事
記事URLをコピーしました